Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

タグ:my favorite things ( 8 ) タグの人気記事

Ragtime スペシャルコンサート

うちのブログを昔から読んでくださっている方は、私のトップ5ミュージカルにラグタイムが入っていることをご存知かと思います。

ロスでのプレ公演も見に行ったし、もちろんブロードウェイでもみて、リージョナルも何度か見ました。
残念ながらリバイバルを見る機会はなかったのですが、ラグタイムの話を聞くと血が沸きます(笑)。

そしてそのラグタイムのコンサートバージョンが2月18日にNYのリンカーンセンターであるので、
是非とも録画もしくはCD販売してくれないかしら、と熱望しています。
ラグタイムがNYで幕をあけて15年、その記念すべきコンサートのキャストはかなり豪華です。

Michael Arden as Younger Brother

Phillip Boykin as Booker T. Washington

Kerry Butler as Evelyn Nesbit

Matt Cavenaugh as Henry Ford

Tyne Daly as Emma Goldman

Jarrod Emick as Willie Conklin

Manoel Felciano as Tateh

Dick Latessa as Grandfather

Jose Llana as Harry Houdini

Michael McCormick as J.P. Morgan

Norm Lewis as Coalhouse Walker Jr.

Howard McGillin as Father

Patina Miller as Sarah

Lea Salonga as Mother

NaTasha Yvette Williams as Sarah’s Friend

Lilla Crawford as The Little Girl

Lewis Grosso as The Little Boy

リア・サロンガがMotherですよ!マイケル・アーデンがYounger Brotherだなんて、
ぴったりじゃないですか。

先日リハーサルに集まったキャストのビデオはここでみれます。

このコンサートには過去にいろいろなラグタイムのプロダクションに参加したアンサンブルがコーラス隊員としても参加するそうです。
[PR]
by quast | 2013-02-17 07:58 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(0)

The Book Of Mormonのキャストアルバムの無料視聴ができます

先日の記事でブロードウェイヒットミュージカルのThe Book Of MormonのOBCアルバムを
無料でNPRのサイトで聞ける、と書いたあと、
iTuneの発売とともにそのリンクが消えてしまったのですが、
今度はBOMのフェイスブックのページでまた全曲無料で聞ける、という企画になっています。

このファンページのファンにならないと聞けないかどうかちょっとわかりません(笑)。
私はもうファンになっているので(Likeをクリック)ファンじゃない人はこのページに
たどり着けるかわからないのですが、まあ試してみてください。
あ、フェイスブックのアカウントがないとファンページが見れないのは確かです。
[PR]
by quast | 2011-05-26 23:50 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(2)

American Idiot Music Session トニー・ビンセント!!!

a0009909_14311324.jpg


American IdiotのキャストがAOLのミュージックセッションで6曲歌った模様がオンラインでみれます

トニーのLast Night on Earthは舞台以外では滅多に見れないよ~!
とろけそうなトニーのラブソングを楽しんでください。
それにしても折れそうに細いね~!

しかしじっくりとこの曲の歌詞をきくと、かなり「イッチャッテル」人による愛の告白のように聞こえなくもないわ。トニーがそういう感じに歌ってるからかな?

なんかね、アサシンズのUnworthy of your loveに通じるところがあるとおもうよ。
あの歌も実は好きなんだよね(笑)。そういう屈折したラブソングが好きなのか>ぢぶん
[PR]
by quast | 2010-09-25 14:36 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(4)

ポーとステファン

もしかしてシリーズ化?(笑)
またもやアミグルミの話題です。

先日書いたように、カンフーパンダのポーが完成しました。
映画のポーのようにポチャポチャじゃないんですけど、パンダってことで、ポー。

a0009909_2193416.jpg


次に着手したのは、友達の息子さんのためのアミグルミ。
動物はなんでもいいけど、好きな色の赤でということで、おさるさんを作ってみました。ただしまだ目がついていないのです。

うちのダンナは目無しのぬいぐるみはcreepy!といって、
「まるでステファン・キングの小説に出てくるような人形だ、(しかも毛糸の端がまだ始末されていないので)血が流れているみたい」と
嫌がります(爆)。

昨晩口の部分を刺繍したら「余計creepy!!」と言ってました(笑)。
ということで名前はステファンくん。
かわいそうな命名だわ(笑)。

a0009909_223584.jpg

[PR]
by quast | 2008-08-27 02:24 | まったり日記 | Comments(0)

マーズちゃんとシーフー

まだまだ暑い夏は続くので、あまり編み物という気もしないんだけど、先日編み物の本をついつい買ってしまって、何か作りたくなったので、編みかけていたアミグルミを完成させた。

そうしたら乗ってきてしまって(笑)もう一つアミグルミを週末で完成させてしまった。

赤いウサギがマーズちゃん。
名前の由来はながいこと耳と顔のパーツがないままで、火星人(Marsman)のようだったから、マーズちゃんと名前がつけられてしまったのだ。

白いフェレットはシーフー。
由来は、カンフーパンダのポーのようにおなかがポチャポチャだけど、パンダではないので(ねずみでもないんだけどさ)お師匠さまのシーフーとなずけられた。

うちにあるぬいぐるみはこんな風に、まったくほとんど思慮のない名前をつけられていて可哀想(笑)。

次は本当にパンダのポーを作る予定。
ダンナは横で「ボクのブランケットはどうなったの~?」と聞いている。

a0009909_663029.jpg


くたっと座ってます

a0009909_66509.jpg


寝ているほうが楽チン

a0009909_67611.jpg

シーフーのドアップ

a0009909_672690.jpg

マーズちゃんは鼻がない
[PR]
by quast | 2008-08-19 06:09 | まったり日記 | Comments(2)

My Favorite Things

スキンが変わりました。

いままでは季節遅れの桜のスキンだったんですが、これには理由があって
恥ずかしながら願掛けしてたんです(笑)。

いえね、あるグッズをオークションでゲットしようとしていて、ゲットできて
無事その品物を手にしたときにスキンを変えようと思っていたんです。

で、今日無事入手しました~。ホクホク

オークションとは関係ないのですが、また私の好みのものを手にいれたのですが、
これらはなんだと思いますか?

a0009909_1373364.jpg


a0009909_138230.jpg


a0009909_1383531.jpg


正解
[PR]
by quast | 2008-05-01 06:44 | まったり日記 | Comments(10)

ジョセフとアメージングテクニカラーコート

海外ミュージカルファンへの100の質問の答えにもあるように、私のguilty pleasure musical (あまり大きな声で言えないけど好きな作品という意味)はJoseph and the Amazing Technicolor DreamcoatというAndrew Lloyd Weber作曲Tim Rice作詞の旧約聖書のハナシを元にした、とってもcampyな作品。

プレスリーありぃの、カプリソありぃの、シャンソンありぃの、カントリーありぃの、もう時代設定まったく無視してはちゃめちゃなのに、楽しくて面白くてたまらない作品なのに、なぜか日本ではまだ上演されてません。多分旧約聖書に親しみがないから、かもしれないけど、劇団x季が喜んで取り上げそうなのに(スターキャスト必要ないから)、不思議です。

アメリカじゃ上演しやすさから小学校からコミュニティ劇団までこぞって上演しまくっている作品で、私ももう3回ぐらい見てるかな。

もちろんDanny Osmond主演のビデオが発売された時は、真っ先に買って、クリスマスにプレゼントで配ったぐらい気に入ってます。イギリスの学校の講堂で上演されている、という設定で、なおかつ「舞台」ということにこだわらない演出が、想像力を最大限に広げることになってとにかく、子供向けのミュージカルでも大人が十分楽しめる仕上がりになっている。

a0009909_8131817.jpg

Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat


今日急にしばらくぶりに見たくなって、DVDで視聴したけど、やっぱり何度見ても面白いわ。まだお持ちでない方は、是非是非どうぞ!

ツボなのは、いい年したおっさんたちがジョセフの兄弟にキャストされていて、その役者たちがまた学校の先生(体育の先生だったり、黒ブチめがねの先生だったり)としても登場するところ。

ALWの作品はCAT、Jesus Christ Superstarとこの作品がDVD化されているけど(オペラ座は舞台バージョンじゃないと思ってます)、もっと良質のDVDを出して欲しいな~。次はSunset Blvd.だろうけど、なかなか噂段階から進まないものね。頼みますよ!

簡単なあらすじ
[PR]
by quast | 2008-04-07 08:24 | その他の演劇 | Comments(10)

豪華メイキング本 Mary Poppins: Anything Can Happen If You Let It

メイキング本といったらWicked The Grimmerie とか、Jersey Boysとか、Tarzanとか出版されていますが、Mary Poppinsもやっと発売されて、私もゲットしました。

Mary Poppins: Anything Can Happen If you Let It : The Making of a Stage Spectacular
a0009909_1585692.jpg


実はアマゾンには2006年の5月ごろにイギリスで出版された、
けれどアメリカでは売り出していない、という表示がされていたのです。
私は輸入でもいいから欲しい!とメールしたところ、
実はまだ出版されていなくて、メドも立っていないという感じでした。

企画はあって執筆作業も始まっているけどまだ発売が決定していない、
っていうことだったんでしょうか?そのころのサブタイトルは
(いまでもアマゾンのページに載っているカバーではそのままなんですが)
Practically Perfect in Every Wayで、ウエストエンドのプロダクションを
ベースとした本だったようです。

でもウエストエンドカンパニーがクローズするという発表があって、
急遽視点がブロードウェイプロダクションにシフトされたのでは、と推測します。
というのもウエストエンドカンパニーの写真はほんの数枚で、
ほとんどがブロードウェイカンパニーのものばかりだからです。
ブロードウェイプロダクションのプログラムにはダンの写真が
ほんの少ししか載っていなかったので、私にはボーナス特典ものです(笑)。

実物はかなり大判で布張りのハードカバー、そして重い!
というのもこの本は3部作のような構成で、
本は変形観音開きのようになっていて(笑)、まずカバーを左に開くと、
そこには美術担当のBob Crowleyが描いた数々の
プロダクション用のデザイン画が掲載されています。

a0009909_15113595.jpg


没になったものも載っているので、どのような変化を経て
現在の形になったかわかって、大変面白いです。
これだけの枚数のスケッチ画を垣間見るチャンスは一般人にはほとんどないので、とても有効な資料だと思います。

笑ってしまったのが、演出家のコメントで
「ボブ、君は(君が提出してきたスケッチ画に関しては)アートの場合
10点満点中10点の出来だけれど、物理学的には10点満点中2点だ!」
といったことです。
それを受けてBobは「それと同じことを学生の頃いつも言われていた」というので、なおさらおかしかったです。
彼の場合、アイディアとしては面白いものをたくさん持っているのでしょうが、それを実際の生の舞台に当てはめようとするのが不可能なことが多かったのでしょう。

本の中心は、この本の要でもあるメイキングストーリーが原作から映画へ、
映画から舞台へと受け継がれていく様子がたくさんの写真を使って語られています。

a0009909_15103077.jpg


まだじっくり読んでいないのですが、ブロードウェイカンパニーの
リハーサル風景や、ロンドンからブロードウェイへトランスファーする際に
変更した箇所についてコメントされています。

そして最後に右側にはブロードウェイカンパニーの舞台写真集なのですが、
先に述べたように、劇場で販売されているプログラムとは違った
(なかには同じものもありますが)写真がたくさん掲載されていて、
本当にファンには嬉しいボーナスです。

a0009909_15124280.jpg


a0009909_1518282.jpg
a0009909_1518408.jpg


ただ子役のマイケルとジェーンを演じている子供達の写真の枚数に、
かなり差があって、編集の時もうちょっとチェックしてあげられなかったのかしら、とも思いました。
私は子役のファンでもなんでもないので別にいいんですけど、
写っていない子役の親だったら相当プンスカものだと思います(笑)。

そうそう、国内ツアーのセットのモデルの写真も載っています。
なんというか、昔のリカちゃんハウスみたいな感じ(爆)。
紙のドールハウスをイメージしたそうです。
ウエストエンドの初演の時のプログラムについてきたドールハウスを実現させた感じ?

a0009909_15132017.jpg


最初はチェリツリーレーン17番地の正面なのですが、それが左右に開くと
中の部屋が書割で見えるという仕掛けみたいです。
(真ん中だけは階段などもあって立体的です)
子供部屋とかキッチンはウィングから出てくるという設定でしょうか?
でもその時はこの家は後ろに引っ込むの?
(ブロードウェイではアップステージに収納されます)
かなり奥行きの深い舞台でないと難しいですね。

気になるお値段ですが、お値段もデラーックス(笑)。
US50ドルもします。もしかして私の持っている本で(教科書を除く)一番高い本?(笑)
もちろんアマゾンでオーダーしましたので、$31で送料も消費税もなし。
日本だとamazon.co.jpで4768円でオーダーできますよ。
ファンだったら must haveな本ですね。
[PR]
by quast | 2008-01-23 15:36 | メアリー・ポピンズ | Comments(8)