Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

タグ:ロスアンジェルス公演 ( 15 ) タグの人気記事

とむりどる様をパシリに使う

まだ最初のPippinレポも終わっていないのに(完成する気があるんでしょうか)、
またLAに行ってPippinを観てきました~!!!

いや今回は出張のついでに、なんです。
だから片道1時間ぐらいかけて、観にいったんだけど全然苦じゃなかったっす。

しかも前回は週末の公演で、週末公演ってわりとシルバーヘッドが多いのですが、
昨日は平日公演だったから、客層が若目だし、グループ観覧が多かったみたいで、
客席はほぼ満席で受けもよかったので、それが相乗作用になって、パフォーマンスも
盛り上がっていました。

私は半額チケットで見たので(笑)、Aセクションでも一番後ろから見たんだけど、それでもよく見えたし、
俯瞰を楽しむにはやっぱり少し離れてみないとね。

何度観ても影絵のシーンはラブリィ。
その隣でつまんなそ~にMichaelがタバコをふかしているのがツボです(笑)。

知らなかったんだけど、この日は終演後Talk Backがあって、誰が出てくるのかしら
(残ってくれるキャストによっては、出待ちに専念したいという姑息な考え)と
思っていると、なんとほぼ全員私服に着替えて出てきてくれて、ラッキー!

観客からの質問は例によって「ASLを覚えるのは大変だったか」とか「デフのアクターが
ダンスするときはどうやって覚えているのか」とか「デフとヒアリングの役者がパフォーマンスする
上で大事なことはなにか」とか「カンパニーは仲がいいか(笑)」とかおなじみなものが
あったけれど、私もがんばって質問しましたよん。

Troyがちょっとおちゃらけて、「いつも公演のリハのはじめのうちは、ヒアリングアクターがASLで四苦八苦するのを見て、ケケケと笑うのが楽しみ」なんていってました。

恒例の出待ちターイム!
[PR]
by quast | 2009-02-19 14:08 | Travel Journal | Comments(4)

ピピンの放浪を追いかけて またの名をミーハー魂炸裂ツアーその1

カテゴリーをどれにしようか迷ったのですが、いろいろなジャンルに分かれているので、とりあえず新しい『旅行記」カテを作ってみました。

1.プロローグ
2.観劇レポート
3.出待ち・プラスアルファ

に分けて書き綴ろうと思います。

プロローグ
[PR]
by quast | 2009-02-03 04:07 | Travel Journal | Comments(2)

ミーハー魂炸裂今年最強のツアー

はい、Rさんのダーリンご出演のPippinを観に、LAまで週末旅行してきました。RさんはまだLAで、今日は初日なのですが、無事忍び込む観ることができたでしょうか?(私はできた方に10000ヴィシガ!)(追記:終演後Rさんから連絡があって、無事観れたそうです。でもかなりギリギリ・ヒヤヒヤものだったらしい・笑。その様子はRさんが直接レポしてくれるでしょう)

私はプレビュー千秋楽(初日前なのでほぼフローズンのパフォーマンス)を2回観ましたが、Rさんは4回(千秋楽を入れたら5回!)です(笑)。関係者以外で今のところ一番見ている、といっても過言ではないでしょう。

詳しいことは追々書きますが、いや~楽しかったし、忙しかった。
忙しかったのは、ミーハー根性が炸裂したからと(爆)、Rさんのためにある人曰く、「無駄な時間がない」というぐらい、出待ちのときはコチョコチョといろいろなことをしていたのです。もちろん自分のパンフにサインしてもらったり、出演者と一緒に自分のツーショットとったり、その間やっていたんですけどね。

自分がダンに会うときに、話に夢中になって写真を撮ったりするのすっかり忘れてしまうことが、しばしばあって、そういうとき「あーカメラマンがいたらなぁ」と思っていたので、今回はRさんの専属カメラマンになりました。秘蔵のxxxとかもいろいろやっちゃったなぁ(笑)。

L.A.では4つ星ホテルにRさんと一緒に泊って、夜中すぎまでついつい話し込んでしまいました。部屋の空気はかなりディープなものだったと思います(笑)。

Rさんは明日帰国ですが、本当に幸せそうでした(NYがイマイチだったから余計に・笑)。彼女のデレデレレポも楽しみですね!

を、肝心の舞台ですが、プレビューがあけてからあまりいい評判を聞いてはいなかったのですが(そして、どうしてそういうマイナスコメントが出てくるのからも予想は出来ていたのですが)、プレビュー中は本当に手直しにつぐ手直しだったみたいだし、私自身は楽しめました。そのレポもまた後日!
[PR]
by quast | 2009-01-26 14:26 | タイロン・ジョルダーノ情報 | Comments(4)

Vanities@Pasadena Playhouse

なんと、怒涛の連続観劇レポ!(笑)
いえ8月末から10月まで観劇強化月間と化しているだけのこと。ドンドン書いていかないと忘れちゃうもん。(というのもこの作品は先日行ったTheatre Worksに2006年に観ているのだけれど、レポを書き留めておかなかったので、ほとんど覚えてないという反省を踏まえてマス)

実はこの日はL.A.でプレビュー初日の9 to 5を観ようと企てていたのだ。
そのために出張もアレンジした(爆)。
なのに~!なんとプレビューがキャンセル。しかも3公演キャンセルされて、プレビュー初日は土曜日となったんだけど、それもまたキャンセル(今度は週末全部キャンセル)。理由はテクニカル、ってことになってるけど、そんな大掛かりなセット使うのかしら?

しかし去年のシアトルでのYoung Frankensteinもプレビュー初日観ようとして、キャンセルになってたんだよね。つくづくプレビュー初日はついていないのだ。来週はシアトルでShrekだけど、これはもう公演始まっているから安心していけるよ(って代役の嵐だったらどーしよー)。

いい加減にレポート始めませんか>はい
[PR]
by quast | 2008-09-06 16:14 | 観劇レポート | Comments(2)

Parade and Pippin (DWT) @ Mark Taper in 2009!

ロンドンのDonmar WarehouseでParadeを見逃した方(Eさん、あなたのことです・笑)に朗報です!!

リノベーションが完成したL.A.のMark Taper Forumで2009年9月24日から11月15日まで、Donmar バージョンのParadeが上演されます!!!今度こそ是非ツアー組んで行きましょう!

そして、今度はRさんに朗報です!(笑)
同じくMark Taperで来年の1月15日から3月15日まで、Deaf West Theatreによる、Pippinが上演されます!Sleeping Beauty Wakesに出演していたラッセルがオーデションしたという話です。タイはどうなんでしょう??
こちらも是非ツアー組んできてください(笑)。

なんだか1月なんてあっという間ですよね。ワクワクするなぁ~。
2009年はL.A.観劇強化年間になりそう?(笑)
[PR]
by quast | 2008-08-16 16:02 | その他の演劇 | Comments(6)

25ドルフライトゲット!

よっしゃ~!(笑)

今週末も25ドルのフライトセールがあって、野球を観にいきたいな~と思っていたけど、ダンナが却下したんで、そういうことなら一人で日帰りでミュージカル観にいってやる(笑)と、往復で税込み70ドルの南カリフォルニア行きを決めました。

初めてこんな安いフライトで行くんで楽しみも増します。
[PR]
by quast | 2007-04-23 07:06 | まったり日記 | Comments(2)

Sleeping Beauty Wakes

ビッグリバーの時はいちいち「初日!」とか「楽日!」とか書いていたのに、このていたらく(笑)。

そうDeaf West Theatreの新作ASLミュージカルのSleeping Beauty Wakesが4月7日に初日を迎えました。

a0009909_6413311.jpg

おめでとうございま~す!

初日にはせ参じることはできませんでしたが、その前のプレビューを見に行ってきました。

どんなかんじ?
[PR]
by quast | 2007-04-12 06:48 | その他の演劇 | Comments(4)

ロスでスペリングビーを観よう!

低予算で上演できるため(笑)雨後のタケノコのように、各地で上演されているThe 25th Annual Putnam County Spelling Bee ですが、かねてから噂されていたようにロスアンジェルス公演でOBCが再結集することになりました(エイプリールフールじゃありません・笑)。

上演期間は5月24日から6月17日です。
Wadsworth Theatreでやるってことですが、Brentwoodじゃなかったっけ?
この劇場はこじんまりしていてスペリングビーにはぴったりです。
以前ナショナルツアーをみてがっかりしたIさん、是非再挑戦してみてくださいな。
私も機会があったら是非観てみたいと思ってます。
[PR]
by quast | 2007-04-04 14:28 | その他の演劇 | Comments(4)

The Night of One Acts @ Deaf West Theatre

観劇レポを書く前にまずはこちらを!

これならできる
[PR]
by quast | 2007-01-31 13:52 | タイロン・ジョルダーノ情報 | Comments(2)

13

a0009909_15554673.jpg13はJason Robert Brown (Parade, The Last Five Years)の新作が発表になった時から、楽しみにしていたミュージカルで、ブルックリンに生まれ育った13歳の少年が、両親の離婚をきっかけに、中西部のインディアナ州に引越ししてきて、ユダヤ教のセレモニーバーミッツバ(男の子は13歳でBar Mitzvah、女の子は12歳でBat Mitzvah)のパーティに招待する友人作りの物語で、13歳という微妙な年齢に焦点をあてた作品だ。

JRBのブログで、オーデションのプロセスや(もともと全員ローカルキャストで、と志していたそうだけれど、主役のKevinを演じられるActorが南カリフォルニアでみつからず(LAの子供達は歌は上手だけど演技がイマイチ、NYの子供達は演技が抜群なのに歌が弱い)ブロードウェイの経験がある17歳の少年が抜擢されたそうだ)、曲の紹介があったので、楽しみが増していったのだけれど、実際にティーンエイジャー(平均年齢13.6歳とか)ばかりの13人のキャストとバンドと聞いて、Mark Taper Forumという由緒あるリージョナルシアターで上演するに、値する作品に仕上がったのかしら、と不安も募ってきた。(JRBのブログで脚本が3分の2しかできあがっていない状態でリハ入りして、リハの最中に二人のキャラを書き換えたそうだ。しかしこうやって読み返すとJRBは語り部じいさんだね(笑)。昨今のミュージカルライターでここまで語り部っていないんじゃない?)

初日をあけて全般的なレビューはSo-soといったかんじで、絶賛もないかわりにこき下ろしもなかったと思う。というのも、私的な見方としては、批評家たちもどうやってこの作品を扱っていいのか、戸惑ったために中途半端なレビューになったのではないか、と思う。

クワスト的レビュー
[PR]
by quast | 2007-01-20 13:48 | 観劇レポート | Comments(5)