Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

タグ:サンフランシスコ公演 ( 12 ) タグの人気記事

ローマの休日 ミュージカル

6月3日 マチネ @ Golden Gate Theatre

a0009909_11533679.jpg

これはプレブロードウェイ作品で、ご存じ映画ローマの休日をコール・ポーターの楽曲を使いながらミュージカル化したものだ。クリエイティブチームはBeautiful The Musical Carol King Broadway Showを手掛けた人々で、あの作品もプレブロードウェイをSFで上演した。
果たして二匹目のどじょうはいるのか?

いままでジュークボックスミュージカル(例えばJersey BoysとかMammaMia, 最近ではBeautiful)とか映画からミュージカル化(TheLion King, Billy Elliot, Hairspray, Sunset Boulevard, Beauty and the Beastと上げればきりがない)とかいろいろあるけれど、ジュークボックスの場合は脚本はオリジナルだし、映画からミュージカル化の場合は楽曲はやっぱりオリジナルだ。(美女と野獣はオリジナル曲をあとで無理やりつけたけど、元々がミュージカルアニメーションだからジュークボックスミュージカルとは違う)。でもこの作品は既成のコール・ポーターの曲をローマの休日のストーリーにはめ込む形になっていて、曲があっているシーンとあってないシーンの差がありすぎたように思える。しかもコール・ポーターの版権を管理する団体から「KissMe Kate」と「Anything Goes]からの曲以外なら何でも使っていいと許可されたそうで、それでも有名なKMKAGからの曲が使えないのはネックになったかも。


この作品はワールドプレミアと歌っていないのは、実はすでに2001年にリージョナル劇場で1週間の上演があったのと、2012年にやはり歴史あるリージョナル劇場でキャストを変えて上演されたので、3度目の正直というところかもしれない。楽曲もだいぶ入れ替わっているようだ。

ストーリーは映画の通りに進むけど、まず映画には出てこないアン王女のおば様がシャペロン役として出てきてコメディ部門を担当している。GeorgiaEngel The Drowsy Chaperoneでも似たような役を演じていて、2012年の公演でのおば様とは全く違う雰囲気だ。彼女はTVでも有名なので、やっぱり一般人が見に行くブロードウェイ公演となると、そういうネームバリューが必要になってくるのだろう。

そのほか映画と違うのはジョーの友達のカメラマンのアービングにはイタリア人の恋人がいて、なかなかプロポーズしないとイラついている、という設定でサブプロットではないけれど、最初から最後までアン王女とジョーの話ばっかり、ということは避けられていた。ただこのキャストがアービングにはBeautifulのオリジナルキャストでもあり、またJersey Boysのフランキーの役でも活躍していたJerrodSpencerで、もちろん歌は超うまいし、サイドキックとしていい味を出していたし、アービングの恋人フランチェスカの役をSaraChaseが演じて、歌もダンスも安定していたし、カップルとしてはアン王女とジョーよりもよっぽどchemistryがあったので、余計にメインの二人が弱くみえたような気がする。

アン王女のStephanie Stylesは私は好感が持てたけど、やっぱり最初の10分ぐらいでのヨーロピアンツアーのシーンや着替えのシーンで、世間一般から離れたところで生まれ育った高貴な王族のプリンセスという雰囲気をだすのは難しく、それがないままローマの街に出てしまっては王女のお忍びの一日、という設定が全く生きてこない。

ジョーのDrew Gehlingはなんというか、ハンサムなだけ(笑)、私個人としては何の魅力も感じなんだけどWaitressにもOBCでキャストされているし、ブロードウェイで活躍できる何かを持っているんだろうなぁ。

この公演は長年のシアター友達と見たんだけど、インターミッションの時に私が彼に、面白い物語に必ず必要な葛藤やヒール役がないまま1幕が終わったと言い、2幕も結局ほとんど葛藤のないまま終了した。映画はオードリー・ヘップバーンの初々しい魅力とそして映画で楽しめるシネマグラフィがあったからヒットしたのだと思うけれど、ミュージカルはもう少し押しが強くないとサラーっと流れておしまいになってしまう。実際に上演時間は20分のインターミッションを入れても2時間弱だった。もちろん映画からあんまり離れたプロットにしてしまうと、映画ファンを怒らせることになるだろうし、難しいところだけどまだ話を膨らませる、とくにアン王女の葛藤(もちろん王室を捨てることはオプションにないけど、それでも年頃の女性として心が揺れるさまを盛り込むこともできたと思う。

クリエイティブチームはこの作品を来シーズンのブロードウェイに持っていきたいそうだけど、どの程度手を加えるのかな~?地元の批評はだいたいmixからnegativeだから、それをしっかり肝に銘じて取り組んでほしい。プロデューサー兼脚本家のPaulBlakeがインタビューでコール・ポーターの曲を使ったのは現代の作曲家で1950年代の雰囲気のスコアをかける人が少ないため、って言っていたけど、だったら映画のミュージカル化でなく、オリジナルのミュージカルを作り出すって気合を見せてほしいわ。



[PR]
by quast | 2017-06-09 04:54 | 観劇レポート | Comments(0)

SF Roman Holiday @ Golden Gate Theatre

プレブロードウェイ公演の映画ローマの休日をコール ポーターの音楽を使ってミュージカル化した作品を観てきた。レポは後ほど

a0009909_11533595.jpg


a0009909_11533679.jpg


[PR]
by quast | 2017-06-04 11:49 | 観劇レポート | Comments(0)

Girlfriend @ Berkeley Repartory Theatre

3月は観劇したことさえかかず、2月は足長おじさんのレポもすっぽかし、まったく更新してませんでしたが、久々に週末連荘観劇したんで、感想を書いておきます。

Girlfriend

a0009909_7111369.jpg


前回大変な思いをして駆けつけた(笑)American Idiotを上演したBerkeley Repで、またWorld Premiereのミュージカルをやる、っていうので、やっぱりチェキしないと、ということで友人と行った作品。

今回はMain Stageではなく、小さい方で、どこからでも見やすいのに、取ってもらった席が最前列中央で、自分の目の前30センチぐらいのところに座って演じられたりするので、いったいどこをみていいかって状態だった。

わりと直前までちゃんといけるかどうかわからず、作品自体、ワールドプレミアってことしか知らなかった(笑)。行ってみたらキャストは二人のみ(しかも男優だよ)、これでGirlfriendってどういうこと?と思っていたら、この作品はいわゆるジュークボックスミュージカルで、1991年にMatthew Sweetが発表したGirlfriendというアルバムの中からの曲を使って、話を進めていくというものだった。

バックバンドは舞台の奥にいて、これまたかっちょえ~ゲイのオネエサマたち(笑)。ドラマーなんてすごいモヒカンでぶっとんでた。

話は高校卒業式が終わった後のWillが、フットボールの花形選手でハンサムなMichaelが卒業間際になって話しかけてくるようになり、自分の好きなロックナンバーでミックステープを作ってくれた、って話し始める。ミックステープと聞いてピンと来る人は、Avenue Qが好きな人でしょう(笑)。普通は自分の好きな子にミックステープを送ったりするから、これは大きなヒントになる。

で、そのMichaelが急に電話かけてきて、ドライブインシアターに映画観にいかない?なんていうんだけど、普通は男の子同士二人っきりでなんて、そういうところにいかないので、観客はあぁそういうこと、ってわかるんだけど、そこから話が進むのが遅い、遅い(笑)。

やーっとキスにたどり着くのは一幕の終わりで、この間のセットアップとして、Michaelは卒業後、その町をでて大学に行く、Willは別に何の予定もないってことで、ひと夏の恋なんだね、ってもう先が読めちゃう。

全体的に悪くはないんだけど、やっぱり出来合いの曲を物語りに無理やりはめ込んでいるっていうのが感じられるし、キャストが二人しかいないんだから、もっとテンポよく話を進めていかないとダレる。2幕じゃなくてやっぱり1幕ものにしたほうがいいと思うわ。

一緒に見た友人はAmerican Idiotも見ていて、共通した感想が、「この作品はAIにない物語はあるけれど、AIはナンバーをそのまま演出しているから、こじつけ感がない。でもAIには物語りというのがないから、この作品とAIの真ん中へんのミュージカルを見たいな~」(笑)。

私はセットも最小限、バンドは4人でキャストが二人という低予算の舞台だから、リージョナルシアターで上演されやすい、と言ったけれど、友人はゲイネタなんで、地方都市では受け入れられにくいのではっていっていて、それにもうなづけた。
[PR]
by quast | 2010-04-22 11:56 | 観劇レポート | Comments(8)

American Idiot -- Rock Opera

開演ぎりぎりに飛び込んだAmerican Idiot。

a0009909_13562968.jpg


地元出身のGreen Dayのグラミー賞受賞アルバムの舞台化、Spring Awakeningの演出家、Next To Normalの作曲家が音楽監督を務め、Spring Awakeningでトニー賞助演男優賞受賞の俳優が主役、と鳴り物入りでBerkeley Repのチケットセールス記録を更新した舞台、否が応でも期待は募る。

最近は音楽に疎いので、Green Dayの存在すらしらず(笑)、観劇前に一応CDを聞いておこう、と図書館から借りた(笑)のだけれど、パンクロックのカテゴリーらしいけど、好みだった。

実は日本で貸しレコード屋(懐かしい響き)でバイトしていたとき、イギリスからのパンクロックとかはやっていた時期で、この手の音楽は一杯聞いていて、ディビッド・ボーイのコンサートにも行っていた、実はヘッドバンガーだったのだ(>ウソ)。だから聞いてみると、このノリは好きだよう、とまずつかみはOKになった。

私は初日が明けて数日後の公演を見に行ったのだけれど、プレビューを見に行った人たちからは、「嫌いじゃないけど、ものすごく気に入ったというわけでもない」という、でも「可もなく不可もない」という意味ではない報告が入ってきていた。かなり期待度が高い作品なのにこの生ぬるい反応はどういうことだろう、と実際に見に行ってみて・・・・

実感したこと
[PR]
by quast | 2009-10-07 14:00 | 観劇レポート | Comments(8)

最近の観劇Sexual Laundry とSouvernir

久々のコレクション魂が呼び起こされて、近辺のTargetを物色してばっかりか、というとそうでもなく(笑)、今月は4つの舞台をみます。

すでに見たのは地元のリージョナルシアターでSexual Laundryという二人芝居。イヒヒなタイトルですが(笑)、結婚25年たって自分の幸せはもっとほかにもあるのではないか、とmidlife crisisに陥った夫婦の話で、一緒に観劇していたダンナとひじをつつきあっていた(笑)。

話はまあものすごく突拍子もない、というわけではないのだけれど、びっくりしたのはプログラムに主演女優の代役のチラシが入っていたこと。オープンしてから5公演目だから、いったいどうしたんだろうと思っていたら、上演前に演出家からの挨拶があって、「先週の木曜日に主演女優が変わりました(この事情の説明はなし)。新しい主演女優はリハーサルが5日しかないので、セリフのプロンプターを利用すること(call for a lineっていってました)があるかもしれませんが、どうぞご容赦お願いします。そのかわり終演後ロビーでの飲み物はコンプさせていただきます」といわれて余計びっくり。代役というより挿げ替えなのね。

その新主演女優さんは劇中自分の集中を途切れさすことなく、セリフが思い出せないときは"Line"とだけいって、観客席に座っていたプロンプターがセリフの冒頭をちょこっというと、それ
をきっかけにセリフをいう、ということを何度かしていました。脚本持ちながらの上演よりはいいよね。

で、昨日はサンフランシスコにSouvenirというコメディを観てきたのですが、このプレイは2005-06シーズンにブロードウェイで上演されて、これも二人芝居なんだけど、そのOBCの二人ともJudy KayeとDonald Correnが出演していて、クオリティの高い舞台を見れて感激でした。Donaldの演じるMr. McMoonはピアノの弾き語りと演奏をしないといけないので、それなりのスキルのある俳優でないと難しいのですが、Judyの怪演に負けることなく(笑)味のあるパフォーマンスを披露してました。

この作品は実在の人物Florence Foster Jenkinsという1930年代のニューヨークの社交界の貴婦人で、自分はすごい歌の才能を持つシンガーと信じきっていて、実はものすごい桁外れの音痴なのに、それに気がつかない、気がつく耳を持っていない、という人がMr. McMoonを声楽の先生としてやとって、そのうちにリッツカールトンホテルのラウンジでリサイタルを開くときのピアニストとして一緒にパートナーシップを確立していく、という話。

本当によくできた作品で、泣き笑い(ほとんどがゲタゲタ笑いなんだけど)に満ちたコメディプレイだったので、これは日本でも上演されるのではないかしら?徹子さんとか好きそう(笑)。
[PR]
by quast | 2009-03-16 02:29 | その他の演劇 | Comments(0)

Thrill Me - The Leopold & Loeb Story

ずっと以前から気になっていた作品、Thrill MeをSF(@ The New Conservatory Theatre Center)まで観にいってきた。

なぜ気になっていたか、というと 1)実話を元にして作られたミュージカルで、2)イケメン俳優のDoug Kreegerがオフブロードウェイで主演していたから。(動画サイトを検索したら歌っているところとか見れます)

元になる実話はウィキから転載:

レオポルドとローブは、アメリカ合衆国の誘拐殺人犯。2人とも裕福な家庭に生まれたユダヤ人で、互いに同性愛関係にあった。事件当時シカゴ大学の学生だったが、富裕なユダヤ人実業家の息子ボビー・フランクスを誘拐して殺害し、終身刑プラス99年の懲役刑を受けた。ありきたりの誘拐事件とは全く違い、完全犯罪(になると彼らは思っていた)を遂行することで自分たちの優越性を立証しようという動機の異様さが話題を呼び、アルフレッド・ヒッチコック監督の映画 『ロープ』(1948年)や、トム・ケイリン監督の 『恍惚』(1992年)、バーベット・シュローダー監督の 『完全犯罪クラブ』(2002年)のモデルになった。


この「同性愛関係にあった」っていうのは英語バージョンのウィキにはないのだけれど、その疑いはあったようで、それを元にこのミュージカルは作られている。


a0009909_2252439.jpg

Thrill Me オフブロードウェイキャストCD


ミュージカル版
[PR]
by quast | 2008-05-02 14:52 | 観劇レポート | Comments(9)

Grey Gardensのリージョナル劇場上演

やっとシアター関係の記事をアップできます(笑)。
今日ベイエリアで1,2を争うリージョナルシアターのTheatre Worksが2008-09年のラインアップを発表しました。

そのなかで特出しているのが去年のトニー賞にもノミネートされたGrey Gardensです。
主演女優のChristine Ebersoleがトニー賞を受賞した(助演女優賞もGrey Gardensでしたね)、怪演で知られているものです。ブロードウェイ公演とまったく同じ、ということはしないでしょうから、どう演出されるのかとっても楽しみです。

どうやらGrey Gardensは国内ツアーを計画していたようですが、Christine Ebersoleがツアーを拒否したため、ツアー自体が流れて、Theatre Worksがブロードウェイ後初のリージョナル上演ということに相成った模様です。

Eさん、今年の夏は是非ベイエリアへ!
[PR]
by quast | 2008-02-05 13:40 | その他の演劇 | Comments(0)

Legally Blondeのクリップ

トニー賞ではノミネーションはたくさんされたものの、結果的には総スカンをくらった(笑)Legally Blondeですが、Today Showで2曲もパフォームするというチャンスがありました。

What You Love(ハーバード大学の入学願書パフォーマンス)とBend and Snapで、これをみたら、一般の人も興味わくかもね、という出来具合だと思います。(Today Showで検索してConcert Seriesのタブのところでクリップが見れます)

ところで~、トニー賞を独り占めしたSpring Awakeningですが、ツアーの皮切りは2008年でサンフランシスコから、と発表になりました。OBCで観た私としては、やっぱりツアーキャストも見比べないとね(笑)。でもこんどはステージシートから見ようと思います。
[PR]
by quast | 2007-06-15 15:27 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(2)

Jersey Boys in SF

昨日は2007年観劇第二弾で、サンフランシスコまで国内ツアーのJersey Boysを観にいってきた。国内ツアーと銘打っているものの、12月から3月まで上演されていて、どうやらもっと延長される見込み。もしかしたらsit down公演か?という噂もあって、この作品だったらロングランも可能かも、と思った。(実際に3月の週末チケットは全てソールドアウト)

チケットの女神さまのおかげで座席はセンターオーケストラ3列目。でもオケピがなくて(演奏は舞台袖で行われているため)、舞台が高いので3列目だと近すぎた。もちろんカブリツキで手を伸ばせば届きそうな、生声が聞こえるっていう席で文句言うとバチがあたりますね。しかもBWで見たときはラッシュだったため、ソールドアウトの公演を見れたけどおもいっきり見切れ席(前から2列目だったけど一番端っこ)だったから、なにもさえぎるものがない舞台を観れるのは、見ていてイライラしない。JBは舞台の上手にラセン階段があるので、席によってはそれがとってもジャマになる。BWの劇場では特にそうだと思うので、チケットを購入する時舞台に向かってかなりライトよりは避けた方がベター。

Who Loves You Pretty Mama?
[PR]
by quast | 2007-01-15 17:01 | 観劇レポート | Comments(7)

告知:コーラスラインのレポ

いまサンフランシスコで、リバイバルのA Chorus Lineのプレブロードウェイ公演が行われていますが、今日観てきました。

フロップを呼ぶ女のジンクスを返上できる作品でした~!!!

I Hope I Get Itからボロ泣き。

久々に高いチケット代も後悔なし!と思える作品でした。

じっくりレポをしたいので、今日は告知、ということだけに(笑)。そうそう、この作品を見るのなら是非メザニン中央で!オーケストラ、それも舞台に近すぎると(カブリツキ)十分味わえません。
[PR]
by quast | 2006-08-13 14:14 | まったり日記 | Comments(8)