Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

レミゼラブル またもやブロードウェイリバイバル

ご無沙汰しておりました。
ちょこちょこ舞台は見ておりますが、まあ感想を書くほどでもないので
(といってもレア・サロンガが出演しているAllegianceは来年の春のブロードウェイ前には書いておきたいわ)スルーしてましたが、
先日加藤茶 いえ、サーマッキントッシュが
2014年に25周年記念ツアーバージョンをブロードウェイにリバイバルとしてもってくる、
と発表し、またたまたま、地元にその国内ツアーが来ていて見に行ったので、久々に書いてみようと思います。

カソリックじゃなくなったジャベール
[PR]
# by quast | 2013-06-04 12:00 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(3)

Ragtime スペシャルコンサート

うちのブログを昔から読んでくださっている方は、私のトップ5ミュージカルにラグタイムが入っていることをご存知かと思います。

ロスでのプレ公演も見に行ったし、もちろんブロードウェイでもみて、リージョナルも何度か見ました。
残念ながらリバイバルを見る機会はなかったのですが、ラグタイムの話を聞くと血が沸きます(笑)。

そしてそのラグタイムのコンサートバージョンが2月18日にNYのリンカーンセンターであるので、
是非とも録画もしくはCD販売してくれないかしら、と熱望しています。
ラグタイムがNYで幕をあけて15年、その記念すべきコンサートのキャストはかなり豪華です。

Michael Arden as Younger Brother

Phillip Boykin as Booker T. Washington

Kerry Butler as Evelyn Nesbit

Matt Cavenaugh as Henry Ford

Tyne Daly as Emma Goldman

Jarrod Emick as Willie Conklin

Manoel Felciano as Tateh

Dick Latessa as Grandfather

Jose Llana as Harry Houdini

Michael McCormick as J.P. Morgan

Norm Lewis as Coalhouse Walker Jr.

Howard McGillin as Father

Patina Miller as Sarah

Lea Salonga as Mother

NaTasha Yvette Williams as Sarah’s Friend

Lilla Crawford as The Little Girl

Lewis Grosso as The Little Boy

リア・サロンガがMotherですよ!マイケル・アーデンがYounger Brotherだなんて、
ぴったりじゃないですか。

先日リハーサルに集まったキャストのビデオはここでみれます。

このコンサートには過去にいろいろなラグタイムのプロダクションに参加したアンサンブルがコーラス隊員としても参加するそうです。
[PR]
# by quast | 2013-02-17 07:58 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(0)

レ・ミゼラブル キャラクターガイド

もうレミゼの映画の話はいい加減飽きたのですが(笑)
たいへ~ん的をついた、映画のキャラクターガイドをみつけたので、
参考までに貼っておきます。
ただし英語なので、ご要望があれば日本語に訳します。




バルジャンのことを
「パンを盗んで5年の刑だったのに、何度も脱走しようとして結局19年もムショにいた」
「5年で手を打っておけばよかったんだよ、おっさん」
とか、

ファンティーヌのことを
「知り合って2分ぐらいの他人に自分の娘を託す人」
とか

コゼットを
「ほとんど誰もこの娘を好きじゃない」
だから
テナルディエ夫婦を
「この人たちもコゼットは嫌い」
「必然的に映画ファンはみんなこの夫婦が好き」
エポニーヌは
「もちろんコゼットが大のお気に入りのわけがない」
「ご正解!(だから)誰もがエポのことが大好き」

アンジェラスは
「イケメンであることがこの役を演じる条件」
「カルトっぽくフォロワーがいる」

他にもいろいろありますので気になる方はチェックしてください。
[PR]
# by quast | 2013-01-05 01:04 | まったり日記 | Comments(4)

あけましておめでとうございます

a0009909_101014.jpg

時差の関係でこちらはまだ大晦日ですが、新年のご挨拶を申し上げます。

レミゼラブルの感想を書いて、滅多にしないことですが、過去の記事を読んだりして
ああ、こんなこと書いていたんだとか思い出したり、
見た作品だけ書いて、感想は後ほどって書いてほったらかしにして、
今ではどんな感想だったかも覚えてない(笑)。

2013年はもうちょっとまじめに書きます。
とりあえず2012年にみた舞台で自分のためにも書き残しておきたいレポを書き留めないとね。

最近はちっとも演劇情報を載せていませんが、これに懲りずにたまに遊びにいらしてください。
皆様にとってすばらしい一年となりますように!
[PR]
# by quast | 2013-01-01 10:00 | まったり日記 | Comments(2)

映画版Les Miserables鑑賞ノート

(追記があります)

アメリカではクリスマスに全米公開されたのに、今日になってやっと見に行くことができました。
予告編を見たときから期待度が高まって、特にこの作品にはそれほど思い入れはなかったけど、
楽しみにしていた映画のひとつです(ほかにはホビットとかも楽しみだった映画)。

普段は一緒に映画に行くダンナは3時間のミュージカル映画は興味なし、ということで
一人でいくことになったけど、そのほうが一人で映画に集中できてよかったです。

思い入れはない、というのはちょっと嘘かも。
というのも私のHNのクワストは1995年に行われた10周年記念コンサートに
ジャベールで出演したPhilip Quastからとったものだから、
この作品が私のミュージカル転機になった、というのは過言ではないからです。

日本にいたころはミュージカル(特に劇団四季)をよくみていたのですが、
渡米してからはとんとご無沙汰していた観劇なのに、このコンサートのテレビ放映をみて
というか、フィリップのジャベールに吸い込まれるように釘付けになって以来、
ミュージカルや演劇鑑賞の熱が復活し、
トロントにオリジナルバルジャンのColm Wilkinsonが出演する、と聞いては駆けつけ、
イギリス在住のフィリップファンと無二の親友になってしまったり、
(もちろん会いに行ったし、彼女がNYに遊びにくる、といったらそこで会ったり)
とにかくこの作品がなかったら、私のBig Riverのミーハー王道もなかったっだろうし、
West Side Storyとならんで私の演劇ライフを語るには欠かせない作品であることは間違いない。

おっと本編とはまったく関係ない語り部ばばあがまた出てきましたね(笑)、
さっさと感想にうつりましょ。

I have Bought your soul for God
[PR]
# by quast | 2012-12-30 04:55 | まったり日記 | Comments(21)

Les Miserables映画版の予告編 パート2

クリスマスに公開のレミゼラブルの映画版の予告編の第二弾です。はじめてラッセル・クロウの声が聞こえますね。ワクワク感が高まってきます。


[PR]
# by quast | 2012-11-10 00:44 | その他の演劇 | Comments(3)

The Addams Family ツアーカンパニーによるNewsiesビデオ

他力本願の記事ですが、面白い動画を見つけたので紹介します(特に「ひ」さん、みてくださいね)。

ブロードウェイではクローズしてしまいましたが、
現在国内ツアーで各地を回っているThe Addams Familyのカンパニーが、
トニー賞でみたNewsiesのパフォーマンスのすばらしさに、
「Newsiesに出演したい!」とパロディで歌い踊るビデオです。

歌詞をしっかり聞き取れば面白さが増すのですが、
「ディズニーからお給料をもらうこと想像できる?」とか
「毎晩いっぱい女の子が出待ちしてくれる」(「女の子?うへぇ」という声も聞こえます)
「夏休みだから休暇をうめるスウィングでもいいよ」とか
「トニー賞で踊れるなんて」「身長が156センチだったらね」(TAFのアンサンブルはみんなでかい)
「もう木を持つ(アンサンブルの役)はやだ」
「コネクションがないと(オーデションもうけられない)だめだよ」
「ジャスティン・ハフ(Newsiesをキャストするディレクター)に色目をつければいいよ」
「タイムズスクエアでオープンエンドランなんていかしてる」



[PR]
# by quast | 2012-08-20 10:16 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(3)

Andrew Lloyd WeberのWii ゲーム!

すっかり7月をすっとばしてしまいましたが、みなさまお元気ですか?
日本も暑い日々が続いているようですね~。

ところで、まさかエイプリールフールネタ?と思えるような情報がはいってきました。

なんと任天堂がWiiのゲームでAndrew Lloyd Weber Musical: Sing & Danceというビデオゲームを発売すると発表したんです!

ALWの13作品から32曲を盛り込んだこのゲームはイレーン・ペイジ、マイケル・クロフォード、サラ・ブライトマンの声が入るそうです。

"Fans of hit musicals such as The Phantom of the Opera, Sunset Boulevard, Evita, Cats, Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat and Jesus Christ Superstar will now be able to put themselves center stage with this new game." Players can choose from three different game modes: Dance, Sing or Career.

どんなゲームになるんでしょうか?オペラ座の怪人はファントムをさがせ!とか迷宮ゲームかしら?
エビータはエバがのし上がっていくのを双六でやるとか?
キャッツはやっぱり猫の名前当てゲーム?

いろいろと想像がつきませ~ん。
[PR]
# by quast | 2012-08-02 12:10 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(0)

2012トニー賞のパフォーマンス

今年もベストミュージカルやベストリバイバルミュージカルにノミネートされていない作品もパフォーマンスがありましたが、個人的にうれしかったのは、ブロードウェイではもうクローズしてしまったフォーリーズを代表してダニー・バーンスティンがBuddy's Bluesを熱演したことです。

ダニーは本当にいい人でパフォーマーとしてもしっかり脇を固めてくれる人だから、こうやってソロナンバーで注目してもらえてよかった!でも同じノミニーのジャン・マックスウェルが彼女のソロナンバーをしなかったのが不思議。すごいディバなのに(笑)私にやらせろ、って言わなかったのかしら。



Newsiesはみていて元気が出ます。



ジョシュ・ヤングの歌をきいて見たくなりました。やっぱりJSC好きだわ。



マシュー・ブロデリックの新作Nice Work If You Can Get It ですが、マシューはどんな役をヤッテモレオに見えるわ。



ポギーとベスでの冒頭、オードラが赤ちゃん抱えているシーンをみてラグタイムにタイムスリップした人は私だけではないはず。



見た人誰もが絶賛しているOnceのパフォーマンスは興味がわきました



これはエバ・ペロンの魅力があまりでてないと思いますが、リッキー・マーティンでチケットを売ろうとしているの?


[PR]
# by quast | 2012-06-11 13:28 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(0)

Book of Mormon on Tony Award

今年のトニー賞のオープニングは去年のベストミュージカルのBook of Mormonでした。
私の友人のベンジャミンとスコットがたくさん映っていてうれしかったです。
今日がエルダープライス役のアンドリューの千秋楽だったので、彼は出演していなくて
先週千秋楽を迎えたエルダーカニングハムのジョシュのスタンドバイで、これからプリンシパルに
昇格する俳優と一緒に新しいプライスの俳優もナショナルテレビデビューを果たしました。


[PR]
# by quast | 2012-06-11 12:43 | ブロードウェイ・プレイビル情報 | Comments(0)