Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

カテゴリ:NY Trip - Nov 2006( 25 )

NY旅日記 Nov. 19th 6日目その②Mary Poppins

昨晩見たのに、なんて野暮なことはいいっこなし(笑)。

今度は3階のバルコニーの上手(row B)で観劇です。
3階まであがっちゃうと、舞台はかなり遠くに感じられるけど、この上手席は最後の最後にとっても素敵なことを体験できます(笑)。我ながらポイントを抑えた観劇だ。

今日観ることはダンには伝えていなかったので(4回も見るっていったら呆れられると思ったし・笑)、終演後ステージドアーに行ったら、ダンの家族が来ていた。二人の息子が可愛いったらありゃしない。写真を撮りたいぐらいだったけど、この人たちはシロウトさんなんだから、と我慢した(笑)。ダンが出てきた時は案の定「あれ、また観たの?!You are crazy!」と言われてしまった。それは今に始まったことではありません、ビッグリバーの時のことを忘れたんですか?(笑)

メアリーポピンズ総括
[PR]
by quast | 2007-08-18 01:41 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(2)

NY旅日記 Nov. 19th 6日目その①

NY滞在もあと一日。でも忙しかったんですよ~、この日は(笑)。

実は今回のスティでは泊まるところ3箇所も変わったんです。
最後の日に変わった理由は、翌日夜明けごろニューアークの空港に着かないといけなかったので、絶対にタクシーが捕まるところ(まあ普通のホテルね)に泊まっておきたかったのです。(まあ後で送迎サービスを頼めばよかった、って気がついたんですがね)

でも実はソワレが終わったあと、ホテルに帰っても3時間ぐらいしか寝る時間はなかったんだけどね。しかもせまーい部屋(笑)。まあシアター街の真ん中で129ドルという安さだから仕方ないけど。

昼前にすし屋の2階(笑)からチェックアウトして、ホテルに移動。
でもホテルにチェックインできるのは2時過ぎぐらいから、って言われたので荷物を預ける。

NY在住の友達にやっと連絡がついて(NYに行く前から電話しておいたのに、一日前になって電話かけてくるからね。いつものことだけど)、ランチを一緒にすることになっていたので、ロビーで待ち合わせ。NYに住んでいるのに相変わらずあまり舞台を見ていないので、もったいないな~と思う(笑)。MPはもうみた、といっていて「楽しかった」っていってたから(お世辞じゃないはず)嬉しかったわ。

その後マチネの劇場まで一緒に歩いていって、またね~と別れる。
[PR]
by quast | 2007-08-14 23:47 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(0)

NY旅日記 Nov. 18th 5日目その③Mary Poppins


a0009909_3252137.jpg一日置きに見てますね、今回は(笑)。

ニューアムステルダム劇場は3階まであるので、いろいろな場所から見比べてみたい!と今度のソワレはメゾニンのセンター3列目(Row CC)から。

オーケストラセクションもそうだけど、メゾニンの席も狭い!小柄な私でさえそう思うのだから、でっかいアメリカ人なんて相当辛いのではないか?

でもメゾニンの前の方だったら、実はオーケストラよりも舞台を見るのはいいかもしれない。というのもオーケストラはあまり傾斜がないので、後ろの方に座らないと照明の機微を楽しめないと思う。メゾニンだったらダンスのフォーメーションも楽しめ、照明もバッチリだし、なんといってもあのStep In Timeのマジカルモメント(笑)を真正面で味わえる。

でもダンをカブリツキで観たい私は、オーケストラ前列がやっぱりいいかな~(笑)。

終演後
[PR]
by quast | 2007-08-14 03:27 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(2)

NY旅日記 Nov. 18th 5日目その②The Vertical Hour

あまりにもマヌケなレポですみません。まあレポをあげようとする努力だけ汲み取ってください(笑)

a0009909_7202173.jpg

Musical Box Theatre 2時の回 

前日にボックスオフィスでディスカウントのコードを使って、マチネ公演で最後の1枚を購入して見た今回唯一のストレートプレイ。実はいい席がなかったら、Companyをもう一度見ようか、と思っていたのだけれど(笑)、せっかくだからここはMARIさんの殿を見ておかないと(アメリカで生・殿に会えるなんて滅多にないことだし)、と挑戦。オーケストラの最後列から2番目のはしーっこの席だったけど、視界はよく(小さい劇場だし)ディスカウントで手数料も払わず、というコストパフォーマンスのよさにホクホクして観劇に臨む。

実際にこの舞台を見た人にしかわからないようなレポですみません(笑)。
[PR]
by quast | 2007-08-13 07:36 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(3)

NY旅日記 Nov. 18th 5日目その①チェルシー

今日はマチ・ソワの日だけど、チェルシーのFat Witchに行ってファッジを買ってこないと!と南下。

a0009909_6512884.jpg


ミッドタウンからあまり遠出をしないので、チェルシーは人ごみでゴチャゴチャしてなくて、歩きやすい!などと感激しながら散歩。

カーストアイアンと呼ばれる建築物がチェルシーやソーホーにあって、本当におのぼりさん気分になって街を闊歩する。

a0009909_783879.jpg


Fat Witch
[PR]
by quast | 2007-05-01 00:26 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(0)

NY旅日記 Nov. 17th 4日目その③出待ち編

レポでブーブー言っていたわりには、ちゃっかり出待ちはする(笑)。
目当てはノームとダグ。

キュートな笑顔
[PR]
by quast | 2007-04-28 07:34 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(3)

NY旅日記 Nov. 17th 4日目その② Les Miserables

タラララタラララタラララタラララ、ジャ,ジャーン、ジャ、ジャーン!(レミゼのプロローグの音楽で)

Broadhurst Theatre 8時の回 センターオーケストラ AA列 (最前列!)

a0009909_16302690.jpg代役: Little Cosett: Little Eponine: Gavrosh

劇場に入って感じたのが、「狭い!」。
ブロードウェイの劇場は古いところが多いから、一概に古い、狭い、という小屋が多いんだけど、ここも狭いねぇ。ボックスシートみたいのがメゾニンレベルにあって、そこにも梯子がかかっていたりして、「ああ、あそこからも出入りするんだ」などとキョロキョロ見回していた。

AA列って本当にオケピの目の前で、もう足元だってほとんど隙間がない。
これはオーケストラの音に歌声が消されて聴きにくいのでは?って心配になったけれど、それほどひどくはなく、かえって役者の生声が聞こえたりしてお得な席でもあった。(けどホルンかなにか管楽器がヒョローンと間の抜けた音を出したのもしっかり聞いてしまい、をいをい兵庫県にあるどこぞの歌劇団のオケじゃないんだから、しっかりしてくれよ、と思ったものだ)

んじゃさらっといってみよ、さらっとね(笑)
[PR]
by quast | 2007-04-28 00:16 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(12)

NY旅日記 番外編 レミゼ プロローグその2

前説が長いですよねぇ、もうとっととレポ書けって>ぢぶん。

このエントリー(レミゼという名のメモリーレーン)を書くにあったって、昔の観劇ジャーナルを取り出してきたら(笑)、まあなんと今じゃ「思い入れはそんなにない」なんて書いたけど、その頃はすっごい気合が入っていたようで(笑)、十数ページに渡って、感想が書き綴っている。しかも、よくまぁそんな細かいことまで見てるね、レミゼオタクでもないのに、と自分のことながら感心するようなことを書きまくっていて、とてもじゃないけどそれをレポとして書き起こす気にはならない(笑)。だからすっごく簡略した(しかもかなりミーハーが入っている)昔に書いたレポ(しかもEthanの事しか書いていない)にリンクしておこう。でもEthanのジャベールを観たのをすっかり忘れていたのに(笑)、観劇ジャーナルを読み返したら、彼の演技が脳裏に蘇ってきて(他のキャストは思い出せないのに)やっぱり書き留めておくというのは大事だな、って痛感した。

また蛇足なんだけど、その頃はまあ働いていたとはいえ、いまほど観劇に費やすお金もなく、見るからには隅々までみて脳裏に焼き付けよう、と気力も体力も今の何倍もあったんじゃないかと思う(10年前だしね!)。今じゃ数は見てるけど気合がはいってないもんね(ダンの舞台以外は・笑)、レポだって適当だし。

メモリーレーンはまだまだ続くのでお暇な人だけどうぞ
[PR]
by quast | 2007-04-26 12:43 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(6)

NY旅日記 番外編 レミゼラブルプロローグ

PさんとTさんと別れた後私はLes Miserablesのソワレ公演を見に行った。

この作品はロンドンでも日本でもロングランを続けているので、私よりもずーっと詳しいファンがいると思うし、見てから日にちがずいぶんたっているので、細かいことは忘れたし(笑)、見た直後はいろいろ言いたいこともあったけど、まあさらっと書きます。

さらっと書くといっても私の場合はいつものことだけれど前置きが長くなる(笑)。

作品そのものにはあまり思い入れはないし、観劇回数も人と比べたら少ない方だと思う。
だけどこの作品には、どういうわけか私の観劇人生にいろいろな「キッカケ」を与えてくれたので、そういう意味ではやっぱりなんだかただのミュージカル、と言い難いのだ。

メモリーレーンを辿ってみると
[PR]
by quast | 2007-04-25 04:27 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(8)

NY旅日記 Nov. 17th 4日目その①Radio City Music Hall

ぐーたらしていたら、もう忘れそうなので(笑)、さっさと書き残しておかないと。

初日の余韻をゆっくり味わう暇もなく、早起きして宿の移動。

実は泊めてもらっている友人が、その日丁度日本に一時帰国するので、宿がわりになったのだ。MPの初日を観にいくというのは決まっていたので、私は友人の一時帰国の週末になる、とわかった時に、申し訳ないから別のところに泊まるといってあったんだけれど、律儀な人だから「一度OKといったからには自分の都合で予定を変えてもらうのは悪いから」とギリギリまで泊めてくれる、というのでご好意に甘えた。

といっても宿にチェックインできるのは12時からなので、一応荷物だけ宿で預かってもらって、コロンビア大学に行ってみる。マンハッタンにあるアイビーリーグの一つで、ダンナのおみやげに何かTシャツでも買えたら、と思って行って見たけど、セレクションがイマイチだったので、特に買わず、お昼のサンドイッチを中庭で食べた。

a0009909_1643322.jpg


かなりトンボがえりでミッドタウンに戻り、ラジオシティミュージックホールでかねてから見たかった、Radio City Music Hall Christmas Spectacularのショーを観劇。

オモチャの兵隊さんのシーンに感激
[PR]
by quast | 2007-04-22 15:45 | NY Trip - Nov 2006 | Comments(2)