Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

エルサレムへの旅0泊2時間行ってきました

先週末はTed Neeley starring in JCS 08-09 Tourが地元に来ていたので、観にいって来た。

まあ今回の公演を見ようと思ったのには2つ目的があって、一つは日本でJCSに関する情報のドン(笑)、ペルシャ猫さんがTedのファンで、でもなかなか生Tedを見に来ることができないから、私が代わりにいって差し上げましょう(って、ツアーが来るって発見したのは先月だったんですが・笑)、ということと、5年前にMusic CircusでみたJCSがあまりに悲惨だったため、その思い出を払拭してもらおうと(笑)願っていた。

その悲惨だったJCSのレポを当時書いたのだけれど、今は本家のサイトが休止中なので、ここに転載して、昨日みたツアー版の観劇レポのプロローグとしておこう。(>今年の抱負に本家ノサイトの再興を加えておきます・笑)





2004年9月2日@Music Circus

演出:スタッフォード・アリマ
振付:パトリシア・ウィルコックス
音楽監督:デニス・カステラーノ
衣装:スティーブン・ハワード、ボブ・ミラー
美術:マイケル・シュエイカード
照明:パミラ・グレイ
音響:ロバート・セレノ
ジーザス:マックス・ヴォン・エッセン
イスカリオテのユダ:チャーリー・ポーロック
マグダラのマリア:ソフィナ・ブラウン
ピラト(ローマ総督):ジョン・ハーレラ
ヘロデ王:リック・ストーンバック
カヤパス(大司教):マーク・セドリック・スミス
アンナス(カヤパの義父):ザック・ハナ
シモン:テリー・レング
ペテロ:マーク・サンダース
司祭:ボブ・マローン


ミュージックサーカスのシーズンフィナーレを飾るのは日本では劇団四季で有名なジーザスクライストスーパースター(JCS)で、いわずと知れたサー・アンドリュー・ロイド・ウエバーの作品。
1969年に「スーパースター」というシングルレコードをリリースし、1971年には今のJCSの2枚組みのレコードを出版、そしてブロードウェイ初演がその年の10月となる。当時AWLはたったの23歳!

ジーザス・クライストの最後の7日間を描いたロックミュージカルで劇団四季は1973年にジャポネスクバージョンとして歌舞伎の白塗りや大八車を用いて初演し、その3年後にエルサレムバージョンを上演。ジャポネスクバージョンは1992年にロンドンで四季によって上演された。1977年と2000年にブロードウェイではリバイバルされ(2000年のバージョンはDVDにもなっている)、ミュージックサーカスでは4回目の上演。個人的には劇団四季のジャポネスク、エルサレムバージョンを数回(山口ジーザス、田代ユダ、沢木ユダで)と、1990年の国内ツアー、1996年のミュージックサーカスと1998年のロンドンリバイバルバージョンを観ていて、全曲ほとんど歌えるほど聴きまくったので、JCSにはちとうるさい(笑)。今回はあらすじの説明は省略、知りたい人は新約聖書を読みましょう。もちろん聖書と比べてJCSはウエバー=ライスのフィクション入りですが、JCSのあらすじを書くという野暮くさいことはしたくない。

もう最後なんですから、結論からさっさといいましょう(笑)。何回か観たとはいえ、もちろん私はJCSエキスパートではまったくありません。しかも劇団四季をみたのは20年近くも前のこと(笑)。それでも断言します、今回に限っては劇団四季のエルサレムバージョンの方が(私が見たものです、今上演されているものということではありません)断然インパクトあります。いままで私が見た翻訳公演で、原語で演じられる作品を勝った、もしくは同等の出来の作品に出会ったことはありませんが、JCSは別です。日本の皆さん、胸を張っていえますよ。

掲示板やブログでコメントを下さるU.Kayeさんから、「JCSは予習が必要か」と数週間前に質問されて、ブログで「聖書の中の出来事を把握していれば、それ以上の予習は必要なし、群集のパワーを感じればいい作品だから」と述べたのだが、なんだか今回の公演を予見してしまったことになった。

舞台が始まると、そこにはローマ軍に虐げられたエルサレムの民衆・・・。ってあの~15人ぐらいしかいないんですけどぉ。民衆なんて言えない、全然足りないよぉ。というのが第一印象。舞台が普通より小さいのはわかる、でも4つの通路があるのだから空間としてはいろいろ使い方があるはずで、民衆(群集)パワーを出すには15人じゃダメ!だいたい12人の使徒達の何人かはあるときはローマ軍人に早変わりしているのよ。せめて前半は12人の使徒は確保しておくれよ。家に帰って劇団四季のサイトで何人キャストしているのか調べてみたら、すごい数!もちろん全員がいつも出ていることはないけれど、舞台に実際に乗っている役者の数は今回のミュージックサーカス出演者の軽く倍はいそうだ。

まぁ民衆の頭数が少ない、という物理的なことは目をつぶろうとしよう、その人数で民衆の地面から突き上げてくるようなパワーを表してくれれば、だ。

・・・・・・・。

それもなかったんだよぉ。何度も引き合いに出して申し訳ないけど劇団四季のエルサレムバージョンでは、本物の土を舞台に使っていてほこりっぽさもでているので、エルサレムの民はすごい土くさい雰囲気ばっちり。でもMCのアンサンブルはみんながみんなすっごく若くて綺麗でつまんない。全然ローマ軍に虐げられている人に見えない!悲しみ、恐れ、怒り、苦しみ、慄きのような感情がうねる様に舞台から感じられないエルサレムの民なんてジーザスが降臨してくれないよ。まるで親に怒られてぶーたれているティーンエイジャーくらいの怒りだよ。ホントにもう。この作品では民衆/群集は大きくわけて、3パターン(信者、病気の人々、ヒステリックに死刑を求める人々)あると思うのだけれど、最後のパターン以外はホント消化不良だった。

今回の演出はことごとく私のテイストに合わなかったのだが(笑)、ジーザスの登場の仕方も全然納得いかなかった。例のジャージャジャーン!ってスーパースターのメロディに載って登場なんだけど、ここで四季版だと民衆がわーっとジーザスに駆け寄るのに、MCではみな冷ややかな目つきをして「なんだこいつは・・」感じで遠巻きにみて、それから舞台から掃けてしまう!えぇ~、四季版を踏襲しろなんていわないけど、この物語はジーザスの最後の7日間の話でしょ、まだジーザスがどこの馬の骨ともわからないような初期の話じゃないのよ。この時はジーザスの人気絶好調のあたりなのに、なんで掃けちゃうんだ!

だからユダのheaven on Their Mindで「私は今わか~るのだ~」って歌いだす時は舞台上には、ジーザスとユダのみで、二人とも向かい合っちゃってるよ。ここで私は「ダメダメダメ~」と舞台に走っていって演出のダメだしを出しそうになったくらいだ(笑)。ここで対決しちゃだめでしょう、ここはユダは傍観者なのよ、二人きりになったらジーザスが手持ち無沙汰ではないか、病人を癒してやるジーザスはどこにいったの?民衆と触れ合う場面が全然ないじゃん。ジーザスったら丸い舞台の上をウロウロするばっかりで、この人がどんなスペシャルな力を持っているかなんてわかりもしない。

What's on Buzz, Strage Thing Mystifying, Everything's All Rightの一連のシーンで民衆の数が多少増えるのだけれど(ローマ軍の兵士が着替えてきたから(笑))ここもみなさん小奇麗で(笑)ジーザスに浸透している、っていうパワーが感じられない。これはニワトリが先かタマゴが先かになるけど、ジーザスの役のマックス・ヴォン・エッセンがカリスマ性を発していないから、それにまわりの役者が共鳴しにくい、ということはあるかもしれない。マックスは去年の Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoatにジョセフの役で出演していて、かなり評判がよかった。彼は別の劇場でもJCSでジーザスを演じていたので、初めてではない。もしかしたら調子が悪いのか?と思うほど声の通りがあまりよくなくて精彩に欠いていたし、二人以上で歌う場面では声がとても聞き取りにくかった。

断っておくが、なにも私はマックスにマチネーアイドルのカリスマ性を求めているわけではない。ジーザスが「この3年が90年のように思える」なんてつぶやくぐらい疲れていて精彩を欠いているという解釈もあるだろう。でもマグダラのマリアがI Don't Know How To Love Himで"I don't know how he moves me"と歌っているように、ジーザスの深い人類愛はすごい求心力を持っているはずだ。「なにがなんだかわからないけれど、そばにいたい、心をゆだねたい」と思えるような不思議な力を備えているところがないと、磔で死ねないよ。

こんなジーザスだから相反するユダのキャラクターも全然見えてこない。ユダを演じるチャーリー・ポーラックはブロードウェイや国内ツアーのユーリータウンで主役ボビーを演じたこともある。ボーカル的にはあまりソウルフルな感じがしないのだけれど、それは二の次。もちろんユダはいろいろな演じ方があると思う。沢木順さんのユダは狂信者シモンの成れの果て(笑)じゃないけど、ジーザスを慕って、慕って、愛しているのにどんどんユダの描いていた軌道から外れていってるジーザスが理解できない、という感じだったと思う。だから最後のユダの死が心底苦しみぬいて地獄に落ちていくさまが哀れで泣けた。でもチャーリーのユダは根底にあるジーザスへの愛情がなかなか感じらず、かといってジーザスの力に嫉妬しているわけでもなく、本当に中途半端だった。話が飛ぶけれど、ジーザスを裏切ったキスをして、逮捕された瞬間からユダはすごい後悔の念に苛まされるのだけれど、そういう描写もないから(二人して見詰め合っているけれど、ユダの表情が読み取りにくい)Judas' Deathがあまりに唐突で哀れさもない。

プリンシパルの二人がこんなかんじなのでつらかったが、それを補うかのように脇役がかなりハイレベルだった。まずはマグダラのマリアはソフィナ・ブラウンでツアーでライオンキングのナラもやったことがあるらしく、歌は抜群によかった。I Don't Know How To Love Himは今まで聞いた中で(CDに収録されている分も含む)一番よかった、と言える位技術的にも、キャラクター的(感情的)にも素晴らしかった。四季のサイトでちょっとだけこの曲が視聴できるのだけれど、なんだかただ綺麗に歌われているだけで全然心に響かない、というのと対照的だった。

カヤパやアンナスのThis Jesus Must Dieも安心して聞けた。カヤパは去年のMCでのラグタイムにBTワシントンで出演したマーク・セドリック・スミスだが、低音の魅力がすごく出ていた。四季のバージョンでは司祭の一人がスパイになってジーザスの取り巻きになるという演出があって、MCではそういう細かいこともしてくれるか?と期待したけれど、やっぱりなかった。

この司祭達の密談が終わった後にHosannaでジーサスとその信者は舞台上に現れ、歌い終わった後トランペットでトゥトゥトゥ~、トゥトゥトゥ~、トゥトゥトゥ~、と不吉な予感を表す音がするのだけれど、ここで四季ではみんな一瞬ローマ軍の支配を思い出して身をすくませ、苦しむという演出でここもツボだったがもちろんMCではそのツボをことごとく外されて、ペットの音もサラ~と流れていっただけ。ここで苦しんで抑圧されているエネルギーが次の Simon Zealotesに繋がるのにねぇ。

サイモンは沢木さんがずーっとユダに昇格するまでやってきた役で私も愛着あるからねぇ、いろいろ注文がありますよ(笑)。MCではテリー・レング(彼は亜門版太平洋序曲に出演が決まっている)が演じたのだけれど、歌はいいのよ、技術的には。でも例の民衆パワーに押し上げられている感じがなくって、また自分の歌に陶酔しているのか、歌っている踊っている最中に目をほとんど閉じていたのはよくないね。目は口ほどに物をいう、っていうじゃない。狂気走った半分イッチャッたような目で歌ってくれないと、シモンじゃないよ。

The Templeのシーンはもうとにかくアンサンブルが足りない!というのが明らかになって悲しかった。あそこは商人、買い物をする人、娼婦などが交じり合ってそれこそバザールの原点のような猥雑な雰囲気がぐわーっと前面にでてこないと、ジーザスが「ここは私の祈りの場だぁああ!」と怒り狂ってやって来れないではないか?そしてそのあとに続く病人達の「見て下さい、目が見えません」の怖い気味の悪い、良いカーマを吸い取られそうな民衆シーンにつなぐことができない。四季では最初はジーザスは一人一人に救いを与えようと努力する様が見え、そのうち対処しきれないほどやってくる民衆が蟻の大群のようにジーザスが右に、左に動くと民衆もザワザワっと動くその薄気味の悪さがすごくよく出ていた。MCでは人数が少ないから、そんなんじゃジーザスがみんな面倒見れちゃうよ、という印象を受けた。

ピラテはフットルースで牧師を演じたジョン・ハーレラで、彼も安心して聞けて観れる俳優だった。特にTrial Before Pilateのシーンでは迫力があってしかも歌が上ずっていなくてちゃんと聴けた。ただ手を洗う(手が赤く染まる)シーンが手をパンパンと叩いて(アメリカでは手を洗うという意味)ジェスチャーのみになっていたので視覚的に物足りなかった。

話は前後するが、MCの公演ではいつもユダが裏切ることを決心した後でインターミッションが入る。四季ではぶっ続けで演じられるのだが(そしてこの手の作品はそうすることが正解)MCは舞台から4つの通路が出ていて、それは劇場の外にいく通路と同じだから、休憩なしだとトイレとか我慢できないお客が、その役者が使う通路を通って出入りしてしまう可能性大で危険だから、それなら最初から休憩を入れましょう、ってことになっているのだと思う。

2幕に入っておなじみジーザスのソロGethesemaneがあるのだけれど、ここではマックスは本領発揮!というところだ。でも考えてみるとジーザスって実際は大きなソロがこの曲ぐらいしかない。ユダはソロを含めて4,5曲見せ場があるし、マリアも2曲はある。だから喉をセーブするほどではないと思うのだが、この日は2回公演だったし、ロンドンでリバイバルをグレン・カーターで見たときもゲッセマネまでグレンは喉をセーブしているようだ、と思ったのでジーザス役者は自分の見せ場まではみなそうするのかしら?それを証明するかのように、ゲッセマネの後のマックスの声はまた聞こえにくくなってしまっていた。

ヘロデ王の演出はいろいろなやり方があって、遊び心が楽しめる場面だ。四季では市村さんが男装の麗人みたいな格好をしたり、植民地の総督のような格好したり、ジャポネスクだと暫みたいな隈取をしたり、ここぞとばかり演出家のオリジナリティが出せるシーン。MCではものすごーいでぶっちょのペロデで度肝を抜かれたが、彼はベガス?のエンタティナーみたいな(エルトン・ジョンが着そうな白いスーツ)姿で出てきて、舞台上にキャバレーライト(たくさんの電球がグルっと舞台を取り囲むようなヤツ、専門用語しりません(笑))がでて、コーラスガールズ、ボーイズがニカニカ踊るという演出になっていた。

ムチ打ちシーンはよくありがちなグロテスクな血まみれ、っていうことにはなっていなくて、天井から赤い布が垂れてきてそれにジーザスの両手が巻きつけられ、二つの通路にいる群衆が一人ずつこれまた各人持っている布をジーザスに打ちつけながら走り去る演出だった。ジーザスはムチの音がする度に体をしならせて苦しむので、それだけで十分なビジュアルだった。が、十字架を持って出てきた時も背中が綺麗なままだったので、その時ばかりは少し赤い絵の具で血がにじみ出ているようにしてもよかったのでは、と思った。

昇天した(ユダは天国に行ったとは思えないけど)ユダとソウルガールは白い衣装でSuperstarを歌いながら出てくる。四季ではユダは黒づくめだったような覚えがあるけど、白もいいかも。四季と違うのはジーザスは十字架を持って歩き回らないのだ。舞台の真ん中でひざつき状態。ヨロヨロと歩いて、ドサっとひざをついたジーザスをローマ兵士がムチでバシっ!っていう演出の方が臨場感出てくると思うのだけれど。ここでのユダはすごく開放していて場面にピッタリだった。やればできるじゃないか。

ラストのジーザスは、それまでのジーザスとしての積み重ねが希薄だから、あの胸苦しい、居たたまれないというような雰囲気を味わえなかった。ジーザスが絶命するときガラガラ~と雷鳴が轟いて、そのあと滑車で十字架ごと舞台から捌けていったけど、この演出は前回のMCでもやったので目新しいことではなかった。

カーテンコールでは最後まで役者全員が4つの通路に立っていて、それぞれ自分の番で舞台に上がって、また通路に戻ってくるというパターンだった。スタンディングする人がわりといたけれど、私はきっちり、マリア役の人の時だけしかスタンディングせず、ユダとジーザス役の人たちが出てきたら座ったので、私の隣に立っていた役者達(私は通路側に座っていた)にははっきりと私の意志が伝わったはず(笑)。

なんだかこんなに細かいダメだしっぽいレポートを書くつもりはなかったのに、どうも私は演出家のMr. Arimaとは相性が合わないことがわかった。彼は去年のシーズンフィナーレのラグタイムを演出して、ラグタイム自体は私の大好きな作品でこだわりのあるものだったので、全体的には見れて良かった!と思ったが、やはり演出的にちょっと違う、と思うところが多かった公演だった。また今年初めてMCはシーズンフィナーレの公演を2週間公演にしたのだが、9月に入ってしまうと学校も始まることだし、かなりチケット販売に苦労したらしく、最後の最後まで「まだまだいい席あります!」って宣伝していた。実際に私が行った日はなんと劇場の半分ぐらいしか席が埋まっていなくてショックだった。やる方の役者もこれではやる気がでないものだ。きっとこれで来年はまた元の通り、1週間公演に逆戻りだろう。JCSの公演としては、十分なアンサンブルの数を集めないのなら、もう当分MCでは上演しないでほしいというのが本音だ。

(私の採点:5点満点)★★☆☆☆ (マリア役のソフィナに星1つ、脇のピラト、カヤパスに星半分づつ)
[PR]
by quast | 2009-01-13 01:08 | 観劇レポート | Comments(6)
Commented by Emily at 2009-01-13 11:23 x
> 「ダメダメダメ~」と舞台に走って、、、
上演中にダメ出しをしてしまうクワストさんをついつい想像してしまいましたよ(爆)。
ツアー版のレポも楽しみだ!!(って自分のレポを早くあげろって言われてしまいそうですが。。。)

今年の初コメントでした。。。
相変わらず無礼な私ですが、今年もよろしくお願いいたします。
Commented by quast at 2009-01-14 08:56
>Emilyさん、そう、今年からはフロップの女王を返上して「ダメ出しのクワスト」を名乗ろうかとおもいます。

>って自分のレポを早くあげろって言われてしまいそうですが。。。

ふぉーほほほ!実はバトラーさんのところで、突っ込みたかったんですが、よそんちでしゃしゃりでても悪いと思ってだまっていましたが、胸をはっていえます(笑)。

「NYとDCのレポ早くしあげてください!」
Commented by tomokot2 at 2009-01-14 15:03
えーーっ★冒頭のお言葉だけで、ぺ猫、光栄の極みです。
で、携帯アクセスしていたのですが、帰宅するまで我慢するなんてできなくって、貴重な前回の公演れぽを読ませていただくために、日中、仕事そっちのけで読みに来てしまいました~!
Max von Essenのジーザスとこのツアーカンパニーの印象は、見ていないくせに^^;わたしも予想していたとおりでございました。
それにしても、クワストさんは、非常に良い時代の四季のジーザスをご覧になっていますね~。今は昔のレジェンドですよ(爆)。私も山口さんのを2回見てますが、あそこがピークだったと思っています。今、日本でご覧になったら、ツッコミのクワストさまにすぐに変身していただけると思います^0^★
あ、テッドレポのほうにもこれからコメントしてきまーす^^
Commented by quast at 2009-01-15 00:54
>ペルシャ猫さん、そうなんです沢木シモンと沢木ユダは私の至福の時代でした(笑)。山口ジーザスといっていないところがミソ(笑)。彼は歌はうまかったのですが、あまりの大根さ加減にびっくりしました。
Commented by butler at 2009-01-20 06:24 x
テッド・ニーリーの一座の巡業、まだやってるんですね。(笑)
10年前に観て、この歳で?って思ったけど、
一体何歳になったんでしょうか?
舞台装置とか、うらぶれた感じがしませんでしたか?
Commented by quast at 2009-01-21 00:39
>butlerさん、10年前ってことはカール・アンダーソンと回ったとき?それはそれでいいものを観ましたね(笑)。いまテッドは65歳ですよぉ、ギネスブックに載りますね。舞台装置はモダンな感じ(というよりまあ安上がり)でしたが、キャストのほとんどがこのツアーでデビュー!みたいな感じでした。