Percision and Order
by quast
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
インターミッションって?
インターミッションという用語は舞台芸術などで、幕間の休憩という意味です。ここでもホッと一息していってください。

本家の演劇関係サイトのネバーランドミュージカルコミュニティは、今引越し先を探しています。しばらくお待ちください。

Chabo!(チャボ)- 本で、もっと、世界にいいこと。


1クリックあたり1円を企業がクリックする人に代わって「熱帯雨林保全」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に募金してくれるサイトです。

時間がある時に是非クリックしてみてください。

カテゴリ
全体
メアリー・ポピンズ
ブロードウェイ・プレイビル情報
ウエストエンド情報
日本の演劇情報
その他の演劇
ビッグリバー情報
観劇レポート
タイロン・ジョルダーノ情報
まったり日記
スペシャルBWイベント情報
NY Trip - Nov 2006
NT Trip Oct 2008
NY-DC May 2012
Travel Journal
NY Trip May 2010
2014 New York Trip
2017 NY
最新のコメント
sooim kim さん..
by quast at 10:36
この芝居、実は私の知り合..
by sooim kim at 21:06
鍵コメさん、どうもありが..
by quast at 04:24
鍵コメさん、お久しぶり~..
by quast at 05:21
鍵コメさん、時期がほぼ同..
by quast at 01:13
鍵コメさん、まずは劇場が..
by quast at 05:53
春にニールサイモンに入る..
by stonedforlove at 16:29
本当にするかどうかは、し..
by quast at 01:58
Allegianceは本..
by stonedforlove at 02:04
鍵コメさん、うまくいきま..
by quast at 01:15
最新のトラックバック
American Idi..
from ★Jesus Christ ..
こういう来日の仕方もある..
from ★Jesus Christ ..
シアターガイドお買い上げ
from いっつぁむーじかる!
■MOVIE■『スウィニ..
from There's Gotta ..
お年玉
from ひつじのお散歩
検索
タグ
(64)
(62)
(33)
(30)
(20)
(19)
(15)
(15)
(15)
(13)
(13)
(12)
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(6)
最新の記事
2017 トニー賞 パフォー..
at 2017-06-12 14:16
Oslo(オスロ)のこぼれ話
at 2017-06-10 06:55
ローマの休日 ミュージカル
at 2017-06-09 04:54
SF Roman Holid..
at 2017-06-04 11:49
NYC 4日目 マチネ Gr..
at 2017-06-03 11:35
ファン
ブログジャンル
海外生活
演劇
画像一覧

NYC 4日目 マチネ Groundhog Day (グランドホッグ ディ) @ August Wilson Theatre (2016年度トニー賞ノミネート作品)

5月14日 マチネ メゾニン

GroundhogDay The Musical (グランドホッグ ディ)はロンドンで2016年にAndyKarl (ブロードウェイと同じ主演男優)限定公演してオリビエ賞の最優秀ミュージカル作品、最優秀ミュージカル男優賞を受賞して (2018年にまたロンドン公演があるそうだ)、トニー賞にも7部門でノミネートされている。が、チケットの売り上げは他のノミネート作品に比べたらそれほどでもないようで、毎日TKTSにもでているし、ロッタリーはデジタルでなんと数日先の公演日の申し込みもできる(普通は当日のみ)。そしてロッタリーに外れた場合でも、特別なコードを使うとディスカウントでチケットが買える仕組みにもなっている。

私はこの作品をみるか、Miss SaigonJonJonを見るか迷っていたけど、口コミでこの作品は楽しい、と聞いてAndy Karlも出ていることだし、とロッタリーにチャレンジしたものの、見事に外れてLoser seatをディスカウントで買ってメソニンセンターのチケットをゲットした。前日に劇場窓口でディスカウントコードで買うとしたらどの席があるか聞いたらバルコニーの後ろのほうと言われ、値段もあまり安くはなかったのでパスしたら、Loser seatのほうが安いし場所もよかった。(そういえば今思い出したけど、Andy Karlが主演していたRockyLoser seatで前から2列目みたいないい席でみたんだった)

ちなみにこの劇場はメゾニンがかなり前のほうにくるので、オーケストラの後ろに座るよりはメゾニンに座ったほうが見切れなくていい。

GroundhogDayというと、アメリカでは1993年に公開された、Bill Murray主演の映画をアメリカ人なら誰もが思い出すはず。この作品ももちろんその映画の舞台化されたものだ。そして映画のなかで起こった、同じ日が繰り返されること、っていうのがGroundhog Dayの意味にもなっていて、慣用句で使われることもある。

Groundhogってなんだろう、と思うかもしれないけど、ウッドチャックでまあ見かけはビーバーみたいな動物だ。毎年2月2日にこのGroundhogが冬越えしていた巣穴から出てきて、晴れていて自分の影をみたあと巣穴に戻ると、冬はあと6週間は続く、という意味になり、曇っていて影をみずにそのまま外に出て行ってしまったら、春は間近というように解釈されることになっている。だから冬が長く続く地域に住んでいる人はこのGroundhog Dayを楽しみにしていて、一大イベントになる地域もあるそうだ。


a0009909_13071634.jpg


a0009909_13071746.jpg





この作品は映画のミュージカル化なので、あらすじはあえてかかない。映画をみて予習していってください。

話は映画を元に進んでいくのだけれど、2回目のリピートからはリピートされるところはかなり端折られて、要所要所だけが早回しで演じられる。同じことが繰り返されるけれど、
主人公のPhilがやることは変わっても、周りの人の行動は変わらないのがミソ。

最初は自分が陥っている事態が信じられなくてもがいていたPhilが、どんなことをしても(たとえ自殺を図っても)翌日にはそれがチャラのなって、また新しい(けど同じ)日が始まる、ということに味を占めて、どんどんしたい放題やっていって、同僚のRitaを困惑させ、あきれさせる。そしてPhilがこの街にずっといるんだから、自分のできることで街の人々に影響を与えていこうと思い始めたところからまた話が展開する。

この作品の見どころは(実はそれがたまにキズで舞台ストップになってしまう)装置展開で、次はどう出てくるのか、と観客の想像力を掻き立てるところにあると思う。


ただAndyKarlがほぼ出ずっぱりになるぐらい、Phil中心の話でほとんどサイドストーリーがないし、話がリピートすることが前提になっているから、物語的に単調になりがちだ。私は実際この作品だけちょっと居眠りしそうになったほどだ。ストーリーラインが一辺倒というそのいい例として2幕のオープニングナンバーがPhilのワンナイトオンリー(一夜限りの)相手の地元の女の子なんだけど、あまりに唐突で、違和感があった。友人曰くPhilが変わり始めてから、彼を取り巻く人もよい方向に変わっていくのを見せたかったらしい、のだが、そうするのだったらもう少しそのキャラのバックグランドストーリーを膨らますとか、第二プロットを交えないとあまりに取ってつけたという気にさせられる。まあ私はこうるさいシアターゴーアーなので、普通の人が見たら、切っても切っても金太郎飴みたいにAndyが公演している作品なので、あまり考え込まずに楽しむ分にはいいのかもしれない。


Andy
はちょっと間違えるとすごく嫌な男のキャラクターを、うまい具合に演じていて、これを日本で上演するのなら、ぜひ宝塚歌劇団でやってほしい。思いっきり恰好つけたトップスターがPhilを演じて、トップ娘役がRitaを演じ、アンサンブルもたくさん出演させることができるし、変にひねってないから、宝塚で上演するのにぴったりだと思う。専科さんが出演できる役もあるよ~(笑)。




最優秀ミュージカル作品賞
最優秀ミュージカル主演男優賞
最優秀ミュージカル脚本賞
最優秀オリジナル楽曲賞
最優秀ミュージカル装置賞
最優秀ミュージカル演出賞
最優秀振り付け賞


[PR]
by quast | 2017-06-03 11:35 | 2017 NY | Comments(0)